名刺交換の際に気になる?地方銀行の各役職

〈スポンサーリンク〉

銀行員と役職

ここでは銀行員の各役職について紹介します。

特に就職活動中の学生さんはOB・OG訪問支店訪問などで現役行員と面談する機会があると思います。

訪問前に銀行にはどのような役職があるのかについて事前に把握するといいでしょう。

しかし、注意点があり、各役職の名称や役割は各銀行によって若干異なる他、同じ銀行内で名称や役割が変更されることがあります。

従って、ここでは一般的な銀行組織の各役職をざっくりと紹介したいと思います。

役員



頭取→副頭取→専務→常務→取締役→執行役員

本部・支店


【本店・本部】部長→副部長→課長→調査役→係長→主任→一般社員
【支店】支店長→副支店長→課長→支店長代理→係長→主任→一般行員
※参考(銀行によって異なります)

〈スポンサーリンク〉

支店長のランクと強力な名刺の力を持つ支店長代理

銀行組織の大きな特徴は、一部の銀行を除き代表者の肩書が頭取(とうどり)と呼ばれることです。

頭取という言葉は普段、聞きなれないと思いますが一般的な会社の社長と同じポジションです。

次に特徴があるのは役員の構成です。

銀行によっては役員を兼任している部長や支店長がいます。

また、支店長のランクについては様々で、執行役等の役員を兼任する支店長がいれば、部長と同等ランクの支店長もいますし、副部長より格下の支店長もいます。

支店長のランクは、規模が大きい支店(基幹店舗と呼ばれたりする)の支店長ほどランクが高いと思います。

また、銀行でよくお客さんに格を勘違いされる肩書きが・・・

支店長代理

というポジションです。

支店長代理と聞くと支店長の次に偉いポジションだと思われますが・・・

実はそこまで偉くありません。

取引先との名刺交換で偉い人と勘違いされますが、実際は課長と係長の間に位置するポジションなので・・・

「まだ若いのに支店長代理ですか、凄いですね。」

と取引先に勘違いされると嬉しくなる半面、複雑な気持ちになります。

実はこの支店長代理と呼ばれるポジションにはメリットがあり、お客さんからのクレーム対応などに強力な力を発揮します。

銀行業務はお客さんトラブルが付き物です。

一般行員の対応では怒りが収まらない場合、支店長代理の肩書きが入った名刺を差し出し・・・

何に対してお怒りなのか?

の言い分を聞き、クレームの内容を理解するように心がけます。

多くのお客さんは偉い人に怒りの経緯を伝えることで怒りが収まります。

支店長代理の火消し能力は絶大で、その格以上に名刺の力を持てる事から生まれたポジションなのかもしれません。

ブログを読んでいただきありがとうございました!

〈スポンサーリンク〉