長期固定金利で安心?リノベーションで有利に?銀行員とフラット35 

〈スポンサーリンク〉

銀行員とフラット35

フラット35とは?

皆さんはフラット35をご存じですよね?

フラット35は住宅金融支援機構が民間の金融機関と共同で提供する長期固定金利型住宅ローンの名称です。

フラット35最大の特徴が35年間の長期固定金利です。

長期固定金利なのでとてもお得な商品に思えますが・・・

銀行窓口ではフラット35を積極的に販売していません。

どうしてだろう?フラット35の説明と併せて紹介しようと思います。

フラット35の窓口

フラット35を利用するにはどうすれればいいの?

住宅金融支援機構の窓口に問い合わせたくなりますが、実際に利用する場合、住宅金融支援機構と提携している金融機関の窓口で申込みます。

まぁ、銀行や信用金庫の大半が住宅金融支援機構と提携してますので、利用する場合はメインバンクに相談することをオススメします。

〈スポンサーリンク〉

フラット35のメリット

①長期固定金利なので返済計画を立てやすい

35年・・・

非常に長いです。

35年の間で何が起こるか?

予想できませんよね。

景気の変動、自宅の修繕、子供の育児、突発的な支払、場合によっては転職も・・・

家庭の支出で大きなウェイトを占めるであろう住宅ローンの返済・・・

住宅ローンを長期かつ計画的に返済したい方には長期固定金利がメリットと言えるでしょう。

②団体信用生命保険に加入できない人でも利用できる

フラット35は団体信用生命保険に加入できない人でも利用できます。

民間金融機関は、団体信用生命保険に加入できないお客さんに冷たいです。

理由は、デフォルトリスクが高くなるからです。

団体信用生命保険に加入できないお客さんは融資を断られるかも・・・

融資が通っても配偶者が連帯債務者になること等の条件を求められる可能性が高いです。

しかし、フラット35は団体信用生命保険の加入が任意です。

従って、団体信用生命保険に加入できない方にとってはメリットと言えるでしょう。

③保証料がかからない

民間の金融機関で住宅ローンを組む場合、保証料を要する金融機関が多いです。

保証料とは保証会社に支払うお金のことで、申込人の信用を保証会社が補ってくれます。

申込人が債務不履行になった場合、保証会社が申込人に代わって金融機関に弁済してくれます。

保証料の相場は金融機関や申込条件によって異なりますが、500千円~2,000千円が相場だと思います。

フラット35は保証料が一切かからない点がメリットと言えるでしょう。

④繰り上げ返済手数がかからない

繰り上げ返済する際、手数料を取る金融機関は多いと思います。

フラット35は繰り上げ返済手数料が無料です。

また、住・My Noteを利用すれば、インターネットで小まめな返済が可能です。

まめに繰り上げ返済したい方にはメリットと言えるでしょう。

フラット35のデメリット

①金利相場が下がった場合

数年前、住宅金融公庫(住宅金融支援機構の前進となる団体)の借換相談を頻繁に受けた記憶があります。

長期固定金利を組んだ当時に比べて、金利相場が著しく下がったことが原因です。

実際、3.500%の金利から1.000%を切る金利で借換した結果、将来の支払利息を10,000千円以上減らすことに成功した例もあります。

しかし、残念なことに借換の審査が通らない方もいました。

理由は健康面や収入面、年齢面など様々です。

金利が上がる可能性を考えると、結果論に過ぎませんが、現状、変動金利を選択している方が一番得しているは事実だと思います。

②団体信用保険費用が別途かかる

民間の金融機関が取り扱う住宅ローンは、銀行側が団体信用保険料を負担してくれます。

もちろん民間の金融期間でも8大疾病型等の団体生命保険を選択する場合、金利負担が増えますが、フラット35の場合は、団体信用保険費用が別途発生します。

これが意外に高い、高い・・・
次ページ↓『銀行員がフラット35を勧めない理由』

〈スポンサーリンク〉