事業者の保証人!信用保証協会付の融資とは?

〈スポンサーリンク〉

事業性融資の話
~信用保証協会付融資~

信用保証協会付融資とは?

皆さんは信用保証協会をご存じですか?

信用保証協会は、信用保証協会法に基づき、中小企業・小規模事業者の金融円滑化のために設立された公的機関です。

中小企業や小規模事業者が融資を受ける際、信用保証協会に言わば保証人になってもらう形で資金調達を円滑に行います。

信用保証協会付融資は、金融機関と信用保証協会で2重の審査を必要とする他、信用保証協会に借入金額1%前後の保証料を支払わないといけませんが、創業間もない事業者等でも資金調達できることから、駆け出しの事業者等からはとても心強い組織であることに間違いありません。

ちなみに信用保証協会は47都道府県と4市(横浜市、川崎市、名古屋市、岐阜市)にあります。

銀行が保証協会付融資を勧める理由

初めて金融機関から融資を受ける際は、保証協会付融資を勧められます。

さて、どうしてでしょうか?

もしもの場合、保証協会から貸出金を回収できる

事業者が、借入金を返済できなくなっても、原則、保証協会が代わりに一括返済してくれます。

よって、単独では金融機関融資を受けられない事業者も、金融機関融資が受けられやすくなります。

引当金計上額が少額で済む

保証協会付融資には責任共有制度という制度があり、 金融機関が行う融資額の一定割合を保証します。

全額、信用保証協会が負担する制度融資もありますが、負担金割合は80%が一般的です。

融資先の業況が悪くなっても、金融機関は負担金に応じて融資額の一定額を引当金として積めば良く、リスクマネーでも融資しやすくなります。

〈スポンサーリンク〉

保証審査の流れ

金融機関に保証協会付融資を申し込んだ際のざっくりした流れを紹介します。

金融機関に借入申込

金融機関の借入審査

金融機関経由で保証協会保証申込

保証協会の保証審査

保証承諾

融資実行

返済開始

といった具合の流れでしょうか。

実務では各金融機関申込窓口になるケースが多いです。

金融機関の他では、信用保証協会や地方自治体、商工団体経由で申込するケースがあります。

【参考】一般社団法人 全国信用保証協会連合会
→お申込からご返済までの流れ

信用保証協会付融資のメリットとデメリット

メリット①

前述した通り、信用保証協会が事業者を保証してくれるので、創業期や金融機関借入の実績がない業者でも銀行融資が受けやすくなります。

特に最近、事業者の成長性に力を入れる地方銀行が多く、創業間もない事業者等のリスクマネーでも保証協会付で積極的に融資していますよね。

メリット②

過去、代表者の家族等も連帯保証人への加入を求めた時代がありました。

しかし、現在では基本、連帯保証人は代表者のみで済みます。

ただし、共同代表者や他に実質的経営者が存在する場合は、追加で連帯保証人の加入を求められることがあります。

メリット③

不動産など担保がなくても利用できます。

大口で資金調達を行う場合は有担保融資の利用も可能です。

メリット④

市町村からの利子補給制度や創業関連融資等、各種制度商品を利用できます。

デメリット①

原則、期間や年数、業況等により一定の保証料がかかります。

目安としては、借入金額の1%前後程でしょうか。

もちろん損金計上は可能ですが、特に条件変更等により融資期間が延びた場合、追加で保証料が発生するケースもあるので注意が必要です。

デメリット②

審査期間がプロパー融資(簡単に言えば信用保証協会を使わない銀行独自の融資)と比較すると長くなります。

特に初回利用時は審査期間が長くなる傾向が強いです。

初回借入の場合は最低でも、資金需要の1ヶ月前に借入の相談をしましょう。

中には2~3ヶ月かけて資金調達を行う事業者もいます。

デメリット③

必要書類がプロパー融資と比較すると多くなります。

具体的には、印鑑証明書や納税証明書、定款や各種許可証ですが、特に初回利用時は審査資料が多い他、審査の過程で追加資料等を求められることがあるので注意が必要です。

デメリット④

2県にまたがって事業を営む事業者等は何れの信用保証協会を利用することが出来ます。

しかし、A県信用保証協会とB県信用保証協会を同時に利用している場合等、2協会の借入を同時に利用している場合、基本的に双方の借入を一本化することはできません。

デメリット⑤

一度、連帯保証人になるとなかなか脱退できません。

事業承継で代表者が変更された場合等は、新代表者が新たに連帯保証人に加入、前代表者は引き続き連帯保証人として残るケースが多いです。

まとめ

創業前の事業者や、創業間もない事業者でも、事業計画次第で資金調達の道が開かれるので、信用保証協会は、中小企業にとって心強い味方であることは間違いないでしょう。

先ずは、信用保証協会付融資で金融機関取引の実績を作り、より審査が厳しいプロパー融資での資金調達に結びつけたいものです。

ブログを読んでいただきありがとうございました!

〈スポンサーリンク〉