銀行員の3時以降の仕事内容と残業

〈スポンサーリンク〉

3時以降の仕事内容は?
~銀行員の仕事~

銀行員は3時以降も働く

銀行を利用した事がある方はこんな疑問を持ったことがあると思います。

銀行って3時以降、どんな仕事をしているのだろう?

私自身も銀行で働く前は疑問に思っていました。

特に学生の頃、夜遅い時間になっても銀行の室内から明かりが漏れている光景を目にして

『おっ・・・銀行員って3時以降もちゃんと働いているんだな』

と思ったことを記憶しています。

ちなみに、銀行の営業窓口が午前9時から午後3時までの理由については、以前ご紹介した通り、銀行の営業時間を定めている”銀行法施行規則”の第16条に定められている条文が関係している様です。

では、3時以降ってどんな仕事してるの?

答えは・・・担当する係で異なります。

内部係の場合

内部係の場合、3時以降にどのような仕事をしているのだろう?

ざっくり紹介すると各種勘定の締め上げ作業を行い、その日の計数を算出、ノルマ達成度やその日にあった特記事項を役席に報告して帰宅といった具合です。

また、ノルマの達成度合いに応じて残業、電話勧誘等を行います。

①:伝票の締め上げとは

銀行窓口で書類のやり取りをしたことがある方はよくご存じだと思いますが、銀行窓口で現金の出し入れ等を行うと、必ず伝票が発生します。

銀行員は伝票をもとに依頼された処理をオペレーションしていますが、日中にやり取りされた伝票は、その依頼内容とオペレーション内容が合っているか?依頼件数と伝票の枚数が合っているか?等について再度チェックします。

しかし、伝票の数は窓口が閉まるまで増え続けます。

従って窓口が閉まった後に伝票の締め上げ作業をまとめて行います。

②:現金の締め上げとは

伝票やATMの動きに合わせて、銀行の現金在高が日々、変動するので銀行員は3時以降、現金等の在高がオペレーションと合っているか?毎日チェックしています。

また、銀行の支店には金庫と出納機が設置されていますが、支店の運営上、支店内で保管される現金が多すぎても困りますし、少なすぎても困まります。

従って、余った現金を本部に送ったり、送ってもらったりして現金在高を管理・調整する作業も行います。

ちなみに・・・現金輸送車を見たことありますよね?

銀行の周辺でスーツに防弾チョッキ+木刀やカラーボール等を装備した銀行関係者がワゴン車を警備する姿を見かけたことがある方なら分かると思いますが、厳重に警備される中、銀行は現金輸送車で本部等と現金・小切手や公共料金の納付書をやり取りしています。

締め上げが合わない場合

銀行員は1円でも勘定が合わないと帰宅できない。

という言葉を聞いたことがある方は多いと思いますが、これは本当なんですよね。

まぁ、最近ではオペレーション端末や出納機が高性能化されていることから、勘定が合わないことはほとんどありませんがね。

希にある勘定の不一致は人員的なミスが原因であることがほとんどです。

従って、不一致が出ると各行員は慌てて自分たちのオペレーションを見直します。

この締上げが終わると、勘定が一致したことを行員全員に伝える為、「互明(ごめい)です!」と若手行員が大声で声を掛けます。

ちなみに、一致しない場合は違算(いさん)と言いますが、違算の際は、「違算です!」と大声を出す行員はいないでしょう。

この行程は、早くて40分~1時間ほどで終了しますので、締め上げ作業が終わると、正社員は各自報告書の作成やノルマ達成に向けた勧誘活動を行う訳です。

最近は、事務作業の大半をパートさんが担当していますが、パートさんは締め上げが終わると早々に退勤します。

〈スポンサーリンク〉

融資係の場合

融資係の場合、3時以降にどのような仕事をしているのだろう?
ざっくり紹介すると当日に融資実行した案件の確認作業を行い、その日の融資総実行金額を算出して締め上げは終了です。

その後は、内部係と同じくノルマ達成度やその日にあった特記事項を報告して”帰宅”といった具合です。

融資係も内部係と同じく、ノルマの達成度合いに応じて残業、電話勧誘等を行います。

融資係の締め上げとは

内部係と大きく違う点は、融資実行額の違算はほとんどあり得ないということです。

理由は銀行の融資は基本、申込を受けた当日に実行することがほとんど無く、融資実行日より前の段階で融資実行額のオペレーション金額を行員が厳重にチェックするからです。

私が知る限り、融資申込の依頼を受けて当日に実行するとしても・・・手形割引と当座貸越くらいしか思い付きません。

また、どちらも取引が既にあるお客さんからの依頼じゃないと当日対応できませんので、融資係で違算はほとんど無いと言えるでしょう。

ちなみに長年、銀行で働いた中で融資実行額の違算は1度もありませんでした。

融資係の締め上げについては、どこの銀行も金銭消費貸借契約書等、各種契約書に適切な印紙が貼られているか等のチェック作業を行い、契約書類の保管作業が中心になると思います。

営業係の場合

営業係の場合、3時以降にどのような仕事をしているのだろう?

ざっくり紹介すると当日に集金したお金の締め上げを行い、預かった書類関係の締め上げを行い終了です。

その後は、各係と同じくノルマ達成度やその日にあった特記事項を報告して”帰宅”といった具合です。

もちろん営業係なのでノルマの達成度合いに応じて残業、電話勧誘等を行います。

①:現金の締め上げとは

営業係は外回り中、お客さんから現金や小切手を集金することがあります。

営業係は帰店後に現金を出納機等に収納して締め上げを行います。

銀行員目線からすると、営業係の集金はかなりリスクが高いサービスです。

もちろん、銀行員は現金その場かぎりの原則を徹底しています。

お客さんから現金を受け取る際、正確に現金を数えて、預かった金額に応じて受領書を発行します。

でも、現金を数えるのは人間です・・・

正直、複数のお客さんから大量の現金を預かった場合、集金した現金を精査する作業が緊張します。

私の場合、幸いなことに1度も違算を起こしたことがありません。

でも、時に数千万円の現金を集金する訳です・・・

どんなに札勘定を練習しても締め上げが終わるまではドキドキものです。

②:書類の締め上げとは

営業は訪問したお客さんから様々な書類を預かります。

融資、定期預金、保険、投資信託、共済制度・・・

申込書、契約書、公的書類・・・

現在、個人情報漏洩という言葉がよくニュースになっていると思いますが、銀行員が個人情報を漏洩させたら・・・処分は免れないでしょう。

銀行員は日々、お客さんのプライバシーに関わる重要書類を預かります。

従って、お客さんから書類を預かる際は、受取書を交付して預かり物件を記録します。

しっかり預かりましたよってね。

受取証を預からないのは論外!銀行員の営業マンは帰店後にお客さんからその日に預かった書類のチェックを行います。

〈スポンサーリンク〉

残業時間は係によって異なる

銀行員って残業が多いの?

正直、一概に残業が多いとは言えません。

残業もやはり担当する係によって量が異なります。

私の個人的な経験で紹介すると・・・

内部係 < 融資係 ≦営業係

と言った具合の残業量でしょうか。

内部係を担当していた頃は比較的、早い時間に退勤していました。

対して、融資係や営業係はなかなか定時で退勤できませんでした。

また、ノルマが足りていない期末や金融庁検査が行われている日などは残業が嵩んでしまい、支店長に残業時間が多すぎる!と怒られることがありましたね。

ノルマの達成と残業時間の削減・・・両立するのは銀行員の大きな課題と言えるでしょう。

銀行員と午後3時以降に連絡を取る方法

午後3時以降になると銀行はシャッターが閉まって、電話連絡しても・・・

『本日の営業時間は、終了いたしました・・・』

と女性の音声に切り替わりますよね。

従って、銀行員との連絡手段は絶たれる訳です。

でも、実際のところ銀行の中には行員は残ってます。

もし、銀行の人に緊急で連絡を取りたい時はどうすればいいのだろう?

先ず、緊急度合いにもよりますが、カードの盗難や紛失等で連絡を取りたい場合は、緊急のサービスセンター等に連絡することをオススメします。

緊急事態以外で連絡を取りたい場合、担当者さん等に代表連絡先以外の連絡先を教えてもらうと良いでしょう。

教えてもらえるかは、銀行によって差があると思いますが、きっと本部や他店舗、電話勧誘等で利用する代表連絡先以外の電話番号を持っているはずです。

まとめ

銀行は午後3時に閉店しますが、閉店後も働いています。

従って、銀行員は3時までしか働かないは真っ赤なウソです。

学生さんは勘違いして就職するのはNG。

地方銀行への就職を本気で考えている学生さんであれば、就職を希望する銀行に夜間訪問すると良いでしょう。

外からでも銀行内の電気が消えるタイミングは確認できるはず!

きっとそ時刻が銀行の正しい就業時間です。

ブログを読んでいただきありがとうございました!

突発的な仕事に先手を打つ残業ゼロのビジネス整理術
[芳垣玲子]

価格:1,512円
(2016/12/24 13:11時点)
感想(0件)


⇒トップページに戻る


にほんブログ村

銀行 ブログランキング
〈スポンサーリンク〉