実は怖い?ローン商品と携帯電話の関係

〈スポンサーリンク〉

ローン商品と携帯電話
~金融商品の紹介~

あなたもブラックリスト入り?

知らぬ間に借金していませんか?

ローン商品の保証審査では、個人信用情報が汚れていると審査に悪影響が出ます。

延滞情報は共有されるのでキャッシングやクレジット、カードローン等の返済を滞納した場合、滞納者として個人信用情報機関に情報が登録されてしまいます。

結果、ローン商品の審査で不利に働きます。

従って、借金返済の期日は厳守としたいところ!

まぁ、大抵の人は借金の返済期日を厳守しています。

理由は、本人に借金しているという意識があるからだと思います。

問題は、本人に借金している意識が無い場合です。

借金なんてしてないし自分は関係ないよ!と思っていても・・・

実はいつの間にか借入しているケースがあります。

その代表的な例が携帯電話の割賦購入です。

携帯電話の割賦購入は立派な借金

携帯電話を購入する時、皆様はどのように機種代金を支払いますか?

最近、携帯電話機種の購入を割賦支払で購入する人が増えていると聞きます。

携帯電話を割賦支払で購入する際は、個別信用購入あっせん契約申込書を記入します。

実はこの書面・・・

借金して携帯電話を購入しますよ!という契約書なんです。

従って、割賦支払期間はしっかり返済しましょう。

借金と言ってもたいした金額じゃないし・・・

と甘く見ると痛い目に遭います。

携帯電話の利用料金を滞納した場合、個人信用情報機関に滞納者として登録されてしまいます。

この個人信用情報機関こそ、各金融機関でも利用されている、シー・アイ・シー、日本信用情報機構、全国銀行個人信用情報センターです。

【参考】割賦販売・個別信用購入あっせん等における個人情報の取り扱いについて(ソフトバンク)
【参考】個別信用購入あっせん契約について(au)  
【関連】ドコモ分割払いのご注意事項(docomo)

ローン商品の審査にも悪影響

当然、個人信用情報機関に延滞者として登録されてしまうと審査に悪影響が及びます。

少額の延滞でも、延滞癖と見なされます。

ちなみに、割賦支払を選択する人が増えるのと比例して、延滞者も年々、増加傾向にある様です。
皆様も是非、気をつけて下さい。

〈スポンサーリンク〉

では、どうすればいいの?

個人信用情報を調査する

個人信用情報の登録が心配!と思う方は個人信用情報機関に自身の個人信用情報を開示請求してみましょう。

実は個人信用情報機関に登録されている個人信用情報を自身で開示請求することができます。

携帯電話の割賦払いを延滞しない

携帯電話の利用料金=借金の返済という意識を必ずつけ、支払いを延滞しないように気をつけましょう。

個人的には100千円程度の定期を作成した総合口座で口座振替契約を結べば手堅いかなと思います。

カード類は作りすぎないこと

クレジットカードは便利です!
私自身、ポイントや海外旅行等でかなり恩恵を受けています。

でも・・・クレジットカードの作りすぎに注意しましょう。

また、管理が苦手な人は利用しないクレジットカードを早急に解約しましょう。

誤って滞納した場合でも・・・ブラックリスト入りしますからね。

ブログを読んでいただきありがとうございました!
⇒トップページに戻る


にほんブログ村

銀行 ブログランキング
〈スポンサーリンク〉