ゴルフも仕事?銀行員とゴルフ

〈スポンサーリンク〉

銀行員とゴルフ
~銀行員あるある~

ゴルフにまつわるエピソード

私が学生の頃の話です。

同じ大学のOBでとある銀行に勤める先輩を訪問した際にこんな会話のやりとりがありました。

私:「仕事で辛いことはありますか?」

先輩:「上司やお客さんとの接待ゴルフが大変!車の運転はいつも私ですよ。」

先輩が苦笑いで話す中、私は・・・

仕事の話を質問したのに、そもそもゴルフなんて興味がない・・・

と回答の理解に苦しみました。

でっ、実際に銀行で働くとどうなの?

結論を先に言いますと・・・

私もゴルフを始めました!!

そして多くの男性行員がゴルフセット一式を持っています。

先輩から話を聞いた当時、まさか自分がゴルフを始めるとは思いもしませんでしたが、今は先輩の気持ちが理解できます。

私の場合、支店の法人営業担当に配属された結果、ゴルフを始めました。

銀行で働くと男女関係なく、必ず誰かからかゴルフの誘いを受けると思います。

理由は・・・

①支店の行員同士でゴルフコンペを定期的に開催している。
②支店の取引先とゴルフコンペを定期的に開催している。
③ゴルフ好きの上司や同期、部下から誘われる。
④ゴルフ好きの取引先からゴルフに誘われる

など様々ですが、偉い行員ほどゴルフに誘われる機会が増える様な気がします。

えっ!スポーツ苦手だしゴルフは抵抗あるよ!

という方は安心して下さい。

最初からゴルフに絶対手を出さないと決めている行員も多いので・・・

最終的には自身の判断に委ねられます。

しかし、せっかくなのでここでは私がゴルフを始めたエピソードについてご紹介します。

〈スポンサーリンク〉

私がゴルフを始めた理由

私がゴルフを始めた理由は取引先とのコミュニケーションに使えると思ったからです。

銀行員に異動は付き物です。

私自身、初めての異動先は行内でも5本の指に入る大型店舗の法人営業でした。

当時の私は大型店舗に加えて前任の営業担当者から引継いだ取引先が大口取引先ばかりで日々、プレッシャーとの戦いでした。

そんな中、前任から社長が気難しいと引き継がれた(ただし、社長とは会えてない)大口取引先の社長に新任挨拶に赴く機会がありました。

気難しいなら引継ぎの時、社長とアポ取ってくれよ!

と不満を覚えながらもまずは様子を伺おうと応接室に入り周りを見渡すと・・・

奥の棚に立派な優勝カップが飾られていることに気づきました。

遠目でゴルフの優勝カップであることを確認した私は、ゴルフの話題をしてみようと決めて社長を待ちました。

ゴルフを通じたコミュニケーション

社長との名刺交換が終わり、事業内容についてテキパキとした口調で話す社長。

何となく圧力を感じた私はそういう事か・・・

と前任からのアドバイスが頭によぎりました。

事業内容の説明がすべて終わり、社長が一息ついた時、私はここだ!

というタイミングで優勝カップの話題を出しました。

すると・・・

社長は照れながらも優勝カップを手にした経緯を話してくれました。

会員権を持つゴルフ場の大会で優勝した際の記念品であること。

クラブの代表選手として更に大きな大会に出場したこと。

当時、ゴルフ場の会員権はとても高額であったこと・・・話は長々と続く。

先程までの硬い表情が嘘のように終始笑顔でゴルフについて語る社長。

私の中から気難しいという印象が消え、社長との距離間が縮まったように感じたことが嬉しくなりました。

そして最後に一言・・・

「社長、私もゴルフ始めます!」

勢いから出たひと言でしたが、社長は嬉しかったらしく・・・

「またおいでよ」

と返してくれました。

実際にゴルフを始めると楽しかった

社長と約束した以上、ゴルフを始めなければと思った私はゴルフ好きの友人と相談、ゴルフセットを譲り受けてゴルフを始めました。

実際、ゴルフを始めて分かったこと・・・

ゴルフは面白い!!

富裕層のゴルフ人口は多く、特に会社経営者はゴルフで人脈を広げている人が実に多いです。

ゴルフが好きな方と会話をするとそれなりに会話が弾むし、同じ組み合わせで一日をご一緒すると立場(もちろん気疲れしますが)や老若男女関係なく、本当に距離感が縮まります。

私の場合、スコアは100前後で決して上手くありませんが、マナーを守れば大丈夫!!

同伴者を不快にさせることは無いかと思います。

ただし、欠点は・・・

お金が掛かる趣味であること

予想以上に難しいこと

そして

車の運転が大変なこと

でしょうか。

銀行業界に限らず、社会人になるとゴルフに誘われる機会が増えるかも?

学生さんはもし、大学の授業でゴルフを選べるなら挑戦する価値があると思います。

【関連】社長の趣味と銀行の営業マン

ブログを読んでいただきありがとうございました!

〈スポンサーリンク〉