就活女子必見!結婚後を見据えた地方銀行の就職活動とは

〈スポンサーリンク〉

地銀人材バンク・・・実際どうなの?

制度の利用者は増えているらしい

設立後、間もない地銀人材バンクですが、同制度を利用した地銀間での紹介件数は徐々に増加しているとのことです。

成約件数は既に100件を超えているとのことで、制度としては成功と言えるのではないでしょうか。

順調に成約している理由について考えると、

① 取得した資格、経験やキャリアを活かせる
② 銀行の職場環境に慣れている

点が大きいのかな?と思います。

①については・・・

以前から当ブログで、銀行員は資格検定の勉強が求められると紹介してきました。

【関連記事】まるで学生?銀行員に必要とされる資格と試験

求められる詳しい理由について、ここではご紹介しませんが、銀行が販売する商品の中には資格が無いと販売出来ない商品があります。

従って、銀行側は行員の資格取得を推奨、行員の能力開発に多額の費用を捻出するのですが、既に資格や検定を取得、実践経験も豊富な行員を採用できることは、採用側にとってメリットと言えますよね。

②については・・・

銀行特有の職場環境に慣れている行員を採用できる=直ぐに離職しないという安心感があるのかもしれません。

そもそも・・・

『転居を機に銀行員を辞めたい』

と考えている行員は、この制度を利用しないと思います。

銀行業界に馴染んだ女性行員の長期的な雇用が見込めることは、採用側にとって魅力と言えるでしょう。

ただし、課題もあるようで・・・

・保険募集人の資格を引き継げない
・配偶者が全国転勤を繰り返す行員のサポートをできるか?

などが今後の課題と言えるかもしれません。

さてさて・・・

以上が地銀人材バンクのご紹介となりますが、就活女子の皆様は、就職後の結婚を見据え・・・

『地銀人材バンクに参加していること』

を就職先を選ぶ上での判断材料にして良いかもしれません。

ちなみに、同様の制度は信用金庫業界でも存在する様で・・・

『しんきん再就職支援ネットワーク』

という再就職の支援制度があるとのこと。

この様に考えると、地方金融機関の再就職斡旋制度は職場に女性が多い金融機関ならではの制度と言えるのかもしれませんね。

〈スポンサーリンク〉

地銀人材バンク加盟行一覧

銀行名 都道府県
北海道銀行 北海道
青森銀行 青森県
みちのく銀行 青森県
秋田銀行 秋田県
北都銀行 秋田県
荘内銀行 山形県
山形銀行 山形県
岩手銀行 岩手県
東北銀行 岩手県
七十七銀行 宮城県
東邦銀行 福島県
群馬銀行 群馬県
足利銀行 栃木県
常陽銀行 茨城県
筑波銀行 茨城県
武蔵野銀行 埼玉県
千葉銀行 千葉県
千葉興業銀行 千葉県
東京都民銀行 東京都
横浜銀行 神奈川県
第四銀行 新潟県
北越銀行 新潟県
山梨中央銀行 山梨県
八十二銀行 長野県
北陸銀行 富山県
富山銀行 富山県
北國銀行 石川県
福井銀行 福井県
静岡銀行 静岡県
スルガ銀行 静岡県
清水銀行 静岡県
大垣共立銀行 岐阜県
十六銀行 岐阜県
三重銀行 三重県
百五銀行 三重県
滋賀銀行 滋賀県
京都銀行 京都府
近畿大阪銀行 大阪府
池田泉州銀行 大阪府
南都銀行 奈良県
紀陽銀行 和歌山県
但馬銀行 兵庫県
鳥取銀行 鳥取県
山陰合同銀行 島根県
中国銀行 岡山県
広島銀行 広島県
山口銀行 山口県
阿波銀行 徳島県
百十四銀行 香川県
伊予銀行 愛媛県
四国銀行 高知県
福岡銀行 福岡県
筑邦銀行 福岡県
西日本シティ銀行 福岡県
北九州銀行 福岡県
佐賀銀行 佐賀県
十八銀行 長崎県
親和銀行 長崎県
肥後銀行 熊本県
大分銀行 大分県
宮崎銀行 宮崎県
鹿児島銀行 鹿児島県
琉球銀行 沖縄県
沖縄銀行 沖縄県

上記、64行は地銀人材バンクが設立された2015年に参加を表明した銀行の一覧です。

ご覧の様に第二地方銀行の名前がないことから全国地方銀行協会に所属する地方銀行が加盟する制度であると言えるでしょう。

愛知県に、全国地方銀行協会の加盟行が無いことは残念ですが、2017年現在、参加行が増えている可能性も考えられますのでご注意下さい。

ブログを読んでいただきありがとうございました!

この人と結婚していいの?
[石井希尚]

価格:518円
(2017/1/29 21:55時点)
感想(1件)

⇒トップページに戻る


にほんブログ村

銀行 ブログランキング
〈スポンサーリンク〉