毎年3月は大忙し?銀行員と決算月

〈スポンサーリンク〉

銀行員×決算月=何を求められるの?

決算月=区間ランナーのラストスパート

さてさて、今年も3月の最終週に突入しますね。

3月と言えば決算を思い浮かべる方も少なくないと思います。

2月~3月にかけて、車を購入すれば値引額が大きくなるなんて言われ、ディーラー営業マンは忙しくなる様ですが・・・

銀行営業マンも同様に忙しくなります。

忙しくなる理由はざっくり・・・

・銀行は、3月が決算月。
・融資残高や預金残高などの増加目標『事業計画』を年度毎に掲げている。
・支店毎に増加目標値が割り振られている。
・3月中頃になれば、『事業計画』の各目標値と現状の乖離が何となく読める。
・少しでもその乖離を埋めようと必死にあがく。

と言った具合でしょうか。

例えは雑ですが、駅伝で例えるなら・・・

事業年度=区間

3月31日=中継地点

区間ランナー達は、より良い状態で次のランナーに襷を繋ぐため、ラストスパート体制に入る訳です。

永遠に終わらない駅伝のために・・・

〈スポンサーリンク〉

実際、3月はどの様な動きをするの?

・支店に割り振られるノルマ
・各行員個人に与えられたノルマ

私が働いていた銀行では、『事業計画』をもとに年度毎に大きく分けて2つのノルマがありました。

もちろん、両方のノルマを達成するのがベストですが実際、給与査定で重要視されたのは支店に割り振られたノルマの達成具合でした。

『支店に割り振られるノルマとは?』

簡単なイメージですが、100店舗ある銀行が単年度で1,000億円の融資残高増加を目標に掲げた場合、按分すれば1店舗あたりの融資残高増加目標は10億円になります。

まぁ、支店の規模や立地によって、目標値は調整されますが、イメージとしてはこのような形で各支店に目標数値が割り振られていました。

そして支店では与えられたノルマを更に各行員個人に割り振る訳です。

従って、結果的に3月末日時点で支店に割り振られたノルマが到達できれば、行員個人のノルマが達成できなくても、支店としては万々歳となる訳です。

逆に、支店に割り振られたノルマが達成できなければ最悪!

更に、銀行全体の『事業計画』が達成できなければもっと最悪!

行員個人のノルマが未達の行員やその上司を戦犯扱いにすることもチラホラ・・・

給与査定に影響する訳であります・・・

従って、どうしても融資残高が目標値に足りていない場合、不要とも思われる運転資金を優良取引先に頭を下げ、短期で借入していただくなんてこともありました。

「晴れの日に傘を貸して雨の日に傘を返せと言う」

銀行を例える有名な言葉ですが、銀行自体がノルマを重要視する体質を変えなければ、世間からのイメージを拭い去ることはできないのかもしれませんね・・・

ブログを読んでいただきありがとうございました!

⇒トップページに戻る


にほんブログ村

銀行 ブログランキング

〈スポンサーリンク〉