研修では教えてくれない?銀行員と始末書について

〈スポンサーリンク〉

銀行員と始末書について

書き方のルールは知るべき?

顛末書始末書という言葉、学生さんには馴染みがないかもしれませんね。

どちらも、仕事上で大きなミスやトラブルを起こしてしまった場合などに提出する書類で、サラリーマンとしては可能な限り提出する事態を回避したい書類であります。

私自身、銀行に入行した当時は

「まさか自分が処分される訳がない!」

「トラブルやミスさえ起こさなければ、書き方なんて分からなくてもいい!」

と考えていましたし、行内研修で始末書の書き方について習うこともありませんでした。

が・・・いざ銀行で働くと細かいミスやトラブルは付きもので(幸いなことに大きなトラブルに巻き込まれることはありませんでしたが)、とあるタイミングを機に始末書の書き方を覚えました。

とあるタイミングとは、部下を持つポジション(役席)に就任したタイミングであります。

本当のところ、私が尊敬する先輩から・・・

「部下を持つ立場になったんだから、始末書や顛末書の書き方ぐらい覚えとけ!」

とアドバイスされ、本をプレゼントされたのがキッカケでしたがね。

役席になると自分だけでなく、部下に始末書の書き方を助言したり、責任者として部下と同時に処分されるなんてことがあります。

実際、組織全体で年に数回は減給戒告などの懲戒処分が発令されていましたが、上席が監督責任を負うケースもチラホラ・・・

会社という組織で働く以上、顛末書や始末書の書き方を覚えることは避けられないのかなと思います。

ちなみに、顛末書と始末書で少し意味合いは異なっていて・・・

・顛末書→トラブルやミスの経緯と今後の再発防止策を示す意味がある。
・始末書→顛末書の意味に加え、謝罪の意を強く示す書類。

と言われています。

事の重大度からすると顛末書<始末書と言った具合で、私が働いていた銀行でも、社内処分に至らない軽度なトラブルやミスは顛末書、減給や戒告など社内処分に至る重大なトラブルやミスは始末書というイメージがありました。

〈スポンサーリンク〉

どんな時に書かされるの?顛末書や始末書

アルコールで粗相する

アルコール絡みの粗相でトラブルを起こし、処分される行員はそれなりに多かったと記憶しています。

実際、私の同僚も飲み過ぎて翌日の朝は大遅刻!

支店長に激怒されて顛末書の提出を命じられたなんてことがありました。

アルコール絡みの粗相は遅刻の他、セクハラ、アルハラ、重要物の紛失など様々・・・

銀行員は酒宴の席が多いほか、泥酔者を狙った犯罪も発生していますので、飲んでも飲まれないように気をつけましょう。

ルールを逸脱する

銀行の事務仕事には様々なルールが決められています。

このルールを逸脱する形で事務を遂行、結果的にお客さんや銀行に損害を与えてしまった場合に処分される行員もいました。

例えば、ルールを逸脱する形で融資を実行、結果的に融資金がデフォルトして債権の回収が不能になったケース・・・

この様な場合、当時の担当者や責任者が処分されるなんてことがありましたね。

ここで言うルールの逸脱・・・

「故意」の場合は問題外ですが、「過失」でも処分されることがあります。

従って、行内のルールをしっかり覚えない行員は、どこの銀行でも立場が危ういのでは?と思います。

個人情報が漏洩した

残念でありますが、金融機関の個人情報漏洩事案は度々、問題になっていますね。

以前、記事でご紹介しましたが、個人情報の漏洩という言葉を聞くと、顧客リストの不正持出など故意の漏洩をイメージする方が多いかと思います。

でも、実際に起きる個人情報の漏洩は過失によるものが多数だと思います。

例えば、Aさんから預かった確定申告書を誤ってBさんに返却した場合も個人情報の漏洩事案に該当します。

個人情報を流出してしまった場合は最悪!

当事者は処分を免れることが出来ないかと思います。

場合によっては上司や支店長も・・・

犯罪を犯した

昨年も、銀行員の横領や着服事件が度々、お茶の間を騒がせましたよね。

残念なことに、金融機関で働く人間が犯罪を犯すケースは後を絶ちません。

銀行員の犯罪は着服や横領に限らず、浮き貸しやインサイダー取引など数え上げたらキリがありませんが、犯罪に手を染めた銀行員は当然、クビになるでしょう。

問題は、部下が犯罪を犯した場合です。

当事者だけでなく、上司や支店長、時に役員などが処分の対象になることもあります。

理不尽かもしれませんが、組織である以上は仕方ないと言うしか無いでしょう。

最後に・・・

総じて銀行員は自身がどんなに気をつけていても、ある意味『とばっちり』を受けることがあるので、始末書の書き方を覚えて損はないと思います。

ブログを読んでいただきありがとうございました!

誠意が伝わる詫び状・始末書の書き方
[紫倉轍]

価格:1,080円
(2017/4/23 23:32時点)
感想(1件)


⇒トップページに戻る


にほんブログ村

銀行 ブログランキング

〈スポンサーリンク〉