実は元銀行員?バンカーな有名人を調べてみる

〈スポンサーリンク〉

元銀行員×有名人=とは?

祝!元銀行員ブログが100記事を達成!!

こんにちは、Ryoです!

おかげさまで当ブログも1周年を迎えました。

また、今回で100記事を達成しました!!

この1年間を振り返るとブログを始めた当初はハイペースで記事を更新していましたが、今年に入り2記事/月ペースの更新で落ち着いています。

いつまでブログの更新を続けるのか?

元銀行員とは言え、金融業界には少なからず絡んでいますので、今後もマイペースにブログの更新を続けようと考えています。

と言うことで・・・

今後ともよろしくお願いします!!

さて、記念となる100記事目のテーマは元銀行員の有名人です。

元銀行員の有名人、調べてみるといらっしゃるものですね。

ネットで拾った情報をもとにご紹介しようと思います。

〈スポンサーリンク〉

元銀行員の有名人

小椋 佳(オグラ ケイ):シンガーソングライター

日本勧業銀行(現:みずほ銀行)に入行、銀行員として働く傍ら音楽活動で活躍された元銀行員の有名人です。

小椋氏のスゴイところは在職中の音楽活動でヒット曲を連発したことです。

作詞・作曲した有名曲は多数ありますが、最近の若者でも『シクラメンのかほり』『愛燦燦』ぐらいなら分かるかな?

また、ご自身も『さらば青春』NHK紅白歌合戦の出場を果たしています。

銀行員として支店長まで昇り詰めていますし、まさに二足のわらじを履いたスーパー銀行員と言えますね。

小椋佳
ゴールデン☆ベスト

価格:2,879円
(2017/10/29 00:17時点)
感想(14件)

横田 濱夫(ヨコタ ハマオ):小説家

中央大学を主席で卒業して横浜銀行に入行、在職中に銀行の内情を暴露した『はみ出し銀行マンの勤番日記』を出版して40万部を超えるベストセラー作家となった元銀行員の有名人です。

独自のユーモアセンスで銀行員を痛烈に風刺した作風は、半沢直樹の元祖かな?

はみ出し銀行マンの勤番日記
横田 濱夫

価格:210円
(2017/10/29 00:20時点)
感想(0件)

山田 智彦(ヤマダ トモヒコ):小説家

東京相互銀行(後の東京相和銀行)に入行、銀行員として働く傍ら小説を執筆して芥川賞の候補作家となった元銀行員です。

作品は企業小説、歴史小説、ビジネス書などなど幅広く、銀行員としても1999年に同行が破綻するまで役職を歴任しました。

銀行男たちのサバイバル
山田 智彦

価格:258円
(2017/10/29 00:23時点)
感想(0件)

池井戸 潤(イケイド ジュン):小説家

言わずと知れた超有名人ですね。

三菱銀行(現:三菱東京UFJ銀行)に入行、他の有名作家と異なるのは退職した後に執筆活動を開始したことでしょうか。

銀翼のイカロス
池井戸 潤

価格:820円
(2017/10/29 00:25時点)
感想(12件)

竹内 力(タケウチ リキ):俳優

Vシネマ四天王の1人として有名なコワモテ俳優さんですよね。

そんな竹内氏も実は元銀行員なんだとか。

三和銀行(現:三菱東京UFJ銀行)に入行、与えられた業務は債権回収!

では無く、窓口業務とのこと。

出世作である『ミナミの帝王』は銀行員時代の経験が存分に活かされている?

ちなみに池井戸氏と同年代です。

難波金融伝 ミナミの帝王
竹内力

価格:16,329円
(2017/10/29 00:27時点)
感想(1件)

三木谷 浩史(ミキタニ ヒロシ):実業家

国内を代表する大企業に成長した楽天の創始者も元銀行員です。

日本興業銀行(現:みずほ銀行)に入行、同行を退社して楽天を創業しました。

そういえば、私の同僚に地元有力企業の跡取り息子がいましたね。

三木谷氏の様に創業して成功するケースは希かもしれませんが、同族企業で元銀行員の社長ってそこそこいるのかな?

とも思います。

成功のコンセプト
三木谷浩史

価格:486円
(2017/10/29 00:29時点)
感想(9件)

石破 茂(イシバ シゲル):政治家

大物政治家、石破氏も三井銀行(現:三井住友銀行)の出身者で元銀行員です。

元銀行員と言っても入行4年で政界入りを目指し退職してますが・・・

私が働いていた銀行も、何かと影響力が強い血筋の方がチラホラ働いていましたね。

日本列島創生論 地方は国家の希望なり
石破 茂

価格:820円
(2017/10/29 00:30時点)
感想(2件)

番外編

阿部 篤史(アベ アツシ):芸人

有名人ではないと思うので番外編です。

東京都の多摩信用金庫を辞めて『無戦RUN』というグループで活動中の若手芸人さんです。

YouTubeで動画検索すると銀行員ネタのコントを視聴できます。

ネタの内容はさて置き・・・

阿部氏は、銀行員家族でメガバンクに勤めている兄と父親とは違い、信用金庫勤めとのことで落ちこぼれの烙印を押され、芸人の道を選んだとのこと。

信金マン=落ちこぼれ

とは思いませんが

「オヤジが○○銀行で働いている!」

とか・・・

「息子が○○信用金庫で働いてる!」

などなど、私の周りにも金融一家はそれなりにいたものです。

『血は争えない』とか『親の背中を見て育つ』という言葉は決して嘘ではないのかな?

と思います。

〈スポンサーリンク〉

まとめ

元銀行員×有名人について調べると、納得してしまう面々が多いものです。

金融は経済の血液と言われますが、金融の第一線とも言える銀行業務に携わったからこそ得られた感性や知性がある?

銀行員を目指す方は一度、諸先輩の作品に触れてみてはいかが?

ブログを読んでいただきありがとうございました!

〈スポンサーリンク〉