もらうと嬉しい?銀行の粗品について考える

〈スポンサーリンク〉

銀行の粗品について考える

実は・・・配る相手を選んでる?

今回のテーマは銀行の粗品です。

皆様は、銀行員から粗品を貰ったこと、ありますか?

ポケットティッシュ、カレンダー・・・などなど。

口座開設や定期預金を作成して銀行員から粗品を貰った経験がある人は少なくないかと思います。

でっ、他にどんな粗品が貰えるのか?

気になる人もいらっしゃるかと思います。

実際、私は取引の種類や量に応じて配る粗品を分けていました。

最近、粗品がケチになった銀行が増えたと聞きますが、かつて銀行員は新聞屋の営業マンの様に粗品を配っていた時代があったものです。

今後、粗品を大量に配る文化は衰退するかもしれませんが・・・

今回は1つのネタとして、配ったことがある粗品について紹介します。

どんな粗品が貰えるの?

ポケットティッシュ

取引の大小は関わらず、挨拶程度に配っていた粗品がポケットティッシュです。

ポケットティッシュ
1000個

価格:4,752円
(2018/3/19 22:46時点)
感想(16件)

ポケットティッシュは、春の花粉症シーズンに大人気!!

1個だけ配ってケチ呼ばわりされることもありました。

そう言えば、昔と比べて街中のティッシュ配りが減ったと感じるのは気のせい?

現役時代はコスト意識を持たずに配っていましたが、改めて価格を調べると・・・

無地タイプでも1個あたり約5円とそこそこ値が張ります。

ティッシュ配りを街で見つけたら、率先して貰うのも悪く無いですね。

カレンダー

ポケットティッシュと同様、カレンダーは銀行粗品の定番だと思います。

卓上カレンダー

価格:734円
(2018/3/21 02:45時点)
感想(2件)

最近、卓上タイプのカレンダーが増えたかな?

私の場合、取引の大小に関わらず12月に訪問した取引先にカレンダーを配っていました。

特に、事業者さんとの挨拶では、名刺交換ならぬカレンダー交換が恒例行事。

銀行内が取引先のカレンダーで溢れかえるなんてこともありました。

また、カレンダーは取引先の事業所に訪問した際、必ずチェックするアイテムの1つでした。

取引銀行、仕入先、販売先、社長の愛車などが一目で分かりますからね。

事務用品

ボールペン、クリアファイル、定規、メモ帳、通帳ケースなどの事務用品も一定以上の取引先に配っていました。

三菱ボールペン
販促品

価格:5,832円
(2018/3/21 02:58時点)
感想(0件)

一定=ノルマが設けられた取引です。

特に期末に数字が足りない場合、キャンペーン粗品を多めに配るなんてこともありました。

この手の粗品は、事業者から重宝されていたと思います。

日用品

台所洗剤、ラップ、ハンドタオルなどの日用品も一定以上の取引先に配っていました。

白タオル
20枚組セット

価格:3,240円
(2018/3/21 03:03時点)
感想(1件)

個人的にはこの手の消耗品が一番、万人ウケする粗品かと思います。

生活雑貨

少しランクが高い粗品として生活雑貨も配っていました。

置き時計

価格:680円
(2018/4/19 23:20時点)
感想(113件)

食器類、エコバッグ、扇子、ブランケット、観葉植物、置き時計などなど種類は実に豊富です。

このクラスの粗品を貰った人はそこそこ大口取引したのかな?

と自覚して良いかと思います。

最近、粗品が減った?

最近、銀行の粗品は減少傾向?

昔と比べ、ケチになったなんて話を良く耳にします。

でっ、粗品に代わり・・・

金利や手数料を優遇する!

抽選で豪華な景品が当たる!

Tポイントなどポイントを付与する!

クオカードなど商品券をプレゼントする!

などのキャンペーンで、お客さんに還元する銀行が増えたと思います。

これも時代の潮流なのかもしれませんね。

〈スポンサーリンク〉